ブラックリストが消える期間は?

ネットで24時間 申込OK!

ブラックリストが消えるのはいつ?

ブラックリストが消える期間は?

債務整理をした場合は、どんな場合でも例外なくブラックリストに載ります。

 

債務整理の内容で消える期間が違ってくる

 

  • 任意整理・・・完済から5年程度
  • 個人整理・・・完済から5年程度
  • 自己破産・・・免責確定から5年程度

自己情報が消えるまでの目安期間が5年間であっても、自己情報が登録されるまでの期間が違ってくると、自己情報が消えるまでの期間が違ってきます。

 

ようするにブラックリストにいつ載ったか?というのは、タイミングによって変わってくるということです。登録される信用情報登録機関も複数あります。自己情報がなくなっている情報機関もあれば、まだ残っている情報機関も存在するという状況が起こってくるわけです。

 

ですので、具体的な期間というのは出しにくいというのが現状のようです。「5年程度」あるいは「5年から7年程度」という表現になってしまうということです。

 

自己破産と「官報」

 

自己破産すると、国が発行するもの「官報」に載ります。内容は裁判所からの公告として「自己破産」や「個人再生」をした方の住所と名前が掲載されます。

 

情報が載るからといって、「官報」から破産の情報が漏れるようなことはあまりないということです。この官報は休日以外はほぼ毎日発行されており、「自己破産」や「個人再生」以外の情報も沢山掲載されています。

 

ただ闇金業者の方は、よくチェックしているそうです。自己破産した方は、しばらくの間はお金を借りたり、ローンをする事ができません。その期間にどうしてもお金が必要になった人がここに頼ってくるだろうと予測しているわけです。

 

まとめ

 

ブラックリストが消えたかどうかは、信用情報機関によってばらつきがあるということでした。どうしても気になる方は、ご自身の信用情報の開示請求をすることができます。

 

⇒信用情報の開示請求

 

 

 

 

 

はじめてのローンはSMBCモビットへ!

モビット



初めてのキャッシングでも安心。SMBCモビットはニーズに合わせた申込が可能です。

⇒SMBCモビットはWEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆


関連ページ

ブラックリストとキャッシングホワイトとは?
ブラックリストがキャッシング審査の基本軸ではないということですので、異常にブラックリストという言葉に不安になることはありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ キャッシング体験談 キャッシング申し込み手順 キャッシング情報