派遣社員の年収とキャッシング審査

ネットで24時間 申込OK!

派遣社員の年収はキャッシング審査に影響するのか?

派遣社員の年収はキャッシング審査に影響するのか?

 

派遣社員はボーナスがないことがほとんどでその分年収も低くなりがちですよね。

 

  • キャッシング審査に年収は影響するのか?
  • 年収が低いと借りられないのか?

詳しく見ていきましょう!

 

年収はキャッシング審査にどう関係あるの?

 

キャッシング審査の申込み時には必ず「年収」の項目があります。

 

「年収」というのは、お給料としてあなたの口座に振り込まれる手取り金額だけでなく、会社で天引きされている社会保険料などを全部含めた総額のことです。

 

ここを勘違いして年収を低く申請してしまうだけで、審査に通らなくなる可能性もあるので気をつけたいところ。キャッシング審査では、あなたの年収が借入限度額に大きく影響します。

 

消費者金融のカードローンは、年収に対して借りられる金額が法律で制限されているからです。この制限を総量規制といいます。単純に年収が高ければ高いほど借りられる金額も大きくなりますが、高収入とは言えない派遣社員にとっては厳しい条件の一つですね。

 

総量規制って何?キーワードは年収の3分の1!

 

総量規制とは、原則「年収の3分の1を超える借り入れはできない」という、お金の借りすぎや多重債務を防ぐために作られた制限です。例えば年収300万円の人が借りられる金額は、最高でも100万円まで。

 

このとき見るのは1社ごとの借入額ではなく、複数のカードローンを使っている場合はその総額です。

 

ちなみに総量規制の対象になるのは「キャッシング」なので、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードのショッピング枠など、対象外の借り入れもあります。

 

銀行のカードローンも総量規制の対象外です。

 

派遣社員の審査結果の分かれ目は年収と他社借入額!

 

派遣社員としてキャッシング審査に申し込んだことのある20代〜30代の方にアンケートを取ったところ、キャッシング審査に通った人と通らなかった人の違いが見えてきました。年収は120万円〜320万円と幅広く、120万円の人も320万円の人もキャッシング審査に通っています。

 

注目したいのは、今回のアンケートで他社借入額0円だった人は全員キャッシング審査に通っているという点です。とはいえ、他社借入があるともう借りられない、というわけではありません。

 

「派遣社員であることの旨と、正確な他社借入額」を最初に伝えて申し込んだケースではキャッシング審査に通り、総量規制の範囲で借り入れできたとのことでした。派遣社員で年収に自信がなくてもキャッシング審査に通るためには、他社借入額を正直に伝えることが重要です。

 

まとめ

 

  • 「年収」は手取りではなく天引き前の総額
  • 年収は借入限度額に影響する
  • 総量規制で「年収の3分の1を超える借り入れはできない」と決まっている
  • 総量規制の対象になるのはキャッシングの借入額
  • 申込時に他社借入額は正直に伝える

 

キャッシング審査で有利になりたくて年収を多く書いたり、他社借入額を少なく書いたりしても、意図的に嘘をついたものはバレます!

 

カードローン会社は総量規制には絶対に違反したくないので、その危険がある契約は結んでくれません。キャッシング審査に申し込むときには自分の年収を確認して、借入希望額と他社借入額をあわせて年収の3分の1以内に充分おさまるように申請しましょう。

 

はじめてのローンはSMBCモビットへ!

モビット



初めてのキャッシングでも安心。SMBCモビットはニーズに合わせた申込が可能です。

⇒SMBCモビットはWEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ キャッシング体験談 キャッシング申し込み手順 キャッシング情報