派遣社員 銀行カードローン

派遣社員の銀行カードローンは厳しいのか?

派遣社員の銀行カードローンは厳しいのか?

 

お金の借り方を調べていると、銀行カードローンの広告もよく見かけます。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンはどう違うのか?銀行カードローンは審査が厳しいのか、基本的なところをまとめてみました。

 

カードローンとは?キャッシングとは違うもの?

 

カードローンとは銀行などによる個人向けの融資で、ほとんどが無担保です。ローンカードを使って定期的に返済をしながら、限度額の範囲内で繰り返し借り入れも可能という特徴があります。
銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも、使い方は同じです。

 

銀行カードローンの場合は、普通預金口座のキャッシュカードにローンカードの機能もセットにして1枚にまとめられるものもあります。

 

一方、金融用語としてのキャッシングは元々一括払いが前提で、主にクレジットカードのキャッシング枠のことを示していました。それも今ではリボルビング方式での返済が可能なので、カードローンとキャッシングという言葉の使い分けは非常に曖昧です。

 

ただ、利用者側からするとキャッシングといば消費者金融のイメージが根強く、銀行ではカードローンという言葉を使っています。

 

つまり専門用語として厳密にいうとカードローンとキャッシングは違いますが、一般的な使い分けはイメージに頼っている状態です。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いはこれ!

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いは、総量規制の対象になるかどうかです。

 

年収の3分の1までしか借りられないというのは貸金業法の決まりですが、銀行は銀行法に基づいて営業しているので、貸金業法には縛られません。

 

また、全体的に銀行カードローンのほうが消費者金融よりも低金利な傾向です。その他の違いとして、銀行カードローンは審査に時間がかかるというのが一般的でしたが、最近では即日融資が可能な銀行カードローンも増えてきています。

 

派遣社員だと銀行カードローンの審査は厳しい?

 

派遣社員でも銀行カードローンや信金・労金などのカードローンの借入れは可能です。ただし、申込み条件が「勤続年数1年以上」となっている場合もあり、勤続年数が短くなりがちな派遣社員という雇用形態では不利な部分があります。

 

「年収○円以上」という条件がある場合も、ボーナスのない派遣社員には申込みのハードルがやや高くなっています。金融機関によっては、消費者金融系のカードローンの利用があると審査に通らない、というくらい厳しいところも。

 

総合的に派遣社員だとやや審査は厳しくなりますが、大手の都市銀行やネット銀行など、カードローンに力を入れている銀行では比較的審査にも通りやすいようです。

 

派遣社員の銀行カードローンは厳しいのか?

 

 

まとめ

  • カードローンとは個人向けの融資で無担保が多い
  • 限度額の範囲内ならローンカードで出し入れ可能
  • 銀行でも消費者金融でもカードローンの使い方は同じ
  • カードローンとキャッシングは厳密には違うが、使い分けは曖昧
  • 銀行カードローンには総量規制がない
  • 銀行カードローンのほうが低金利
  • 銀行カードローンでも即日融資が増えてきている
  • 銀行カードローンでは勤続年数や年収に条件がある場合も
  • 大手都市銀行やネット銀行は比較的通りやすい

 

派遣社員の銀行カードローンの審査は消費者金融カードローンと比べると厳しくなります。総量規制で借りられなくなってから最後の望みとして銀行カードローンにチャレンジするよりも、最初に銀行カードローンを選ぶほうがオススメです。

消費者金融で今すぐ借りるならこの3社です。


プロミス

プロミス


顧客対応の良い口コミも多い◎

  • 審査最短30分。貸付最短1時間!
  • 30日間の無利息期間
  • Web完結サービスで申込めば、カードレス

⇒プロミスの詳細はこちら




アイフル


最短30分・即日融資も可能
  • はじめての方なら最大30日間利息0円
  • 申込みは24時間利用可能なネットが便利!
  • インターネットから申し込みした後に、 フリーダイヤルに電話すると審査にかかる時間が短縮に!

⇒アイフルの詳細はこちら




はじめてのローンはSMBCモビットへ!


10秒で簡易審査結果表示

  • WEB完結申込なら電話も郵送物もなし
  • 急ぎのときはネット申込後、電話で依頼すると急いでくれる

⇒SMBCモビットの詳細はこちら




審査が不安な場合は2社以上申し込んでおくのがオススメです。

審査に落ちてから次を申し込むのではなく、
審査結果を受ける前に続けて申し込むことでよりスムーズに借りることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ キャッシング体験談 キャッシング申し込み手順 キャッシング情報