派遣社員の他社・借入額の申告

ネットで24時間 申込OK!

派遣社員の他社・借入額の申告は正直に!

派遣社員の他社・借入額の申告は正直に!

 

キャッシング審査に新たに申込みをするとき他社からの借り入れがあると印象が悪いかも?

と心配になるかもしれません。そんなあなたに向けて、借入額の申告では何をどう伝えると審査に通りやすくなるのか詳しく解説します。

 

他社からの借入額で申告するものは?しなくて良いものもある?

 

キャッシング審査に申し込むときの他社借入額で、必ず申告するのは2つです。

  1. 消費者金融カードローンのキャッシング
  2. クレジットカードのキャッシング枠

 

その他に住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードのショッピング利用などがあっても、含まないという注意書きがないかよく確認しましょう。消費者金融のキャッシング審査では含まない場合が多いです。ただし銀行カードローンでは必要な情報が違うので、それぞれ指示に従って申告してください。

 

他社からの借入額はウソをついてもバレる!?

 

他社からの借入額や件数は少ないほうがキャッシング審査に通りやすくなります。だからといって、借入額の申告をわざと少なくするのは絶対にやめてください!

 

キャッシング審査の際には、あなたの同意を得て信用情報を照会します。ウソをついてもそこでバレてしまい、審査担当者から信用されないだけです。

 

他社からの借入額の申告は、多すぎるかもしれないと思ったら、その不安も含めて正直に伝えましょう。

 

派遣社員の借入額の申告を正直に行うメリット!

 

派遣社員としてキャッシング審査に申し込んだことのある20代〜30代の方に取ったアンケートから、他社借入額が審査結果にかなり影響していることがわかりました。

 

今回のアンケートでは

他社からの借入額が50万円以上で申込みした人は、ほぼ全員キャッシング審査に落ちています。その中で一人だけ、他社借入額50万円で審査に通った人がいました。

 

コメントによると

「正直に他社から50万円の借り入れがある事、派遣社員だということを伝えて審査をしてもらった」ところ、総量規制の範囲内の限度額で審査に通ったとのことです。

 

結果

この結果は、他社からの借入額の申告は正直に行ったほうが上手くいく良い例ですね。また、他社からの借り入れが複数ある場合にも、できる限り正確に借入額の申告をしましょう。

 

信用情報と照らし合わせたときに一致していれば、複数の借り入れがあってもきちんと自分で把握して管理しているという好印象にもつながります。すべて申告通りのほうが審査もスムーズです。

 

まとめ

  • 他社からの借入額で申告するのはキャッシングの借入額
  • 住宅や自動車ローン、クレジットカードのショッピング枠は含めない
  • 他社からの借入額はウソをつくとバレる
  • 他社借入額の申告は正直に行うのがベスト

 

派遣社員かどうかにかかわらず、総量規制の範囲内でお金が必要な人には、カードローン会社はお金を貸してあげたいと思っています。

 

お互いを信頼して契約するためにも、他社からの借入額の申告は正直に行うことを徹底しましょう。これはカードローンだけでなく全てのローンに共通するポイントなので、ぜひ覚えておいてください!

 

 

はじめてのローンはSMBCモビットへ!

モビット



初めてのキャッシングでも安心。SMBCモビットはニーズに合わせた申込が可能です。

⇒SMBCモビットはWEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ キャッシング体験談 キャッシング申し込み手順 キャッシング情報